to improve your living amenity
お客様の声

こだわり抜いた
愛犬と快適に過ごすための
理想のマイホーム

愛犬シュタークくんとお庭で遊ぶのは、西武住販でマイホームを建てられたM様ご夫妻。2年間かけて理想の家を探し求め、細部までこだわり抜いた「愛犬と快適に過ごすためのマイホーム」。その完成までの道のりを、西武住販の担当、黒木さんとともにお聞きしました。

納得できる家に出会ってほしい

Mさんご一家。こだわりのお庭でお話を伺いました。

ー 家を購入することになったきっかけは?

M様もともと転勤族で地方住まいでした。数年前に東京勤務になり、社宅に住んでいましたが、出なければいけなくなり、家を探すことになりました。マンションを購入するか、賃貸にするか、または一軒家にするか…。迷いましたが、愛犬と遊ぶことができる庭が欲しい、そんな希望もあり一軒家を考えるようになりました。

奥様私は子どものころから団地やアパートなどで過ごしてきたこともあり、一軒家は管理が大変そう、と思っていました。しかし、旦那の一軒家へのこだわりが強く、一軒家を中心に物件を探すことになりました。

ー 始めから西武住販で家を探していましたか?

M様最初は違う不動産屋さんにお世話になっていましたね。ただ、実際に物件見学してみると、家のつくりなど納得できないことがとても多く悩んでいて…。そんな中、物件見学したあと、たまたま見つけた建売住宅にいたのが黒木さんでした。

奥様黒木さんは趣味の話や他愛のない話をすることも多く、とても話しやすい印象でした。不動産屋さんらしいガツガツした営業もなく、実際にその家も見学をしただけで終わりました。

黒木旦那さんが多趣味なこともあり、広めの駐車場を望んでいたこと、また、愛犬と遊べるお庭も希望されていたので土地が広い物件をご紹介したいと考えていました。最初の物件はMさん夫婦のご希望に合っていなかったため、強く勧めることは致しませんでした。

ー 物件は何件ぐらい見ましたか?

奥様何件見学したか覚えてないぐらい。多分、ここら辺の物件は図面も含めて全部見たと思います。たくさんの家を見れば見るほど、家に関する要望が増えていきました。それに、 西武住販さんが作られた家は、柱の角が丸く加工されていたり、一つ一つの仕事がとても丁寧で、クオリティの高い家ばかり。見学する度に西武住販さんで物件を購入したいという想いが強くなりました。

2年をかけてこだわりぬいた家

こだわり抜いたマイホーム。左右対称の構造が印象的です。

ー 建売を見ている中で、どうして注文住宅になったのでしょうか。

黒木ご一緒に物件を探している中で家に対するこだわりが増えていることを感じていました。全ての条件に合う家を探すことよりも、注文住宅のほうがご夫婦の理想としている家を建てられるのではないか、と思い提案させていただきました。

M様黒木さんに提案をいただき、土地を探すことに決めました。しかし、土地に関しても希望を絞り込むことができていない状態で探していたため、かなり難航していました。そんな中、出会ったのが現在の土地です。

奥様見学したときは前の家が解体中だったのですが、見た瞬間旦那「ここ、いいなぁ」と一言。帰ってからも気になっている様子でした。もともと条件とあった土地ではなかったのでその反応にびっくりしました。

M様図面を見たときはピンと来る土地ではなかったんです 。けど、思っていたよりも駐車しやすくて、 実際に見学してみて良いところが見えてきた土地でした。ほかにも近くの土地も見学したのですが、即決でこの土地に決めることになりました。

ー 愛犬と暮らす家のこだわりを教えて下さい。

広々したお庭でボール遊びに夢中の愛犬シュタークくん

M様絶対条件として「リビングから庭にでられること」がありました。愛犬がのびのびと過ごせる庭を作りたかった。

奥様それと、扉を引き戸にすること。以前住んでいたマンションで愛犬が手を挟んでしまったことがあり、犬も安全に過ごすことができる家にしたいと思っていました。

M様2階の階段を上がった先に広めのスペースを作りました。愛犬の遊び場や、洗濯物を干す場所として活用しています。このアイディア は見学した物件の中で開放感がありいいな、と思っていたところを生かして作っていただきました。引っ越してきてすぐに愛犬も気に入ってくれたようで、今では彼のスペースになっています。

ー ほかのこだわりポイントはありますか?

奥様最後までこだわったのはキッチン。人が集まることが多いので、広く作っていただきました。椅子を置いて雑談したり、家族のコミュニケーションの場所になっています。それと、もともと棚の上に収納があったのですが、脚立が必要な高さがネックでした。収納を処分することも考えたのですが、大工さんと相談し、下に収納を作っていただくことに。新たに作ってもらった棚の上に天板を張り、料理を置いたり、書き物に使用したりちょっとした机として活用しています。

奥様あと、足が悪いのでなるべく1階で済ませられる家にしたいと思っていました。階段も段差を低くして上りやすいようにしたのもこだわったポイントです。通常は13段で構成されることが多いのですが、2段増やして15段の階段にしていただきました。1段違うだけでも足への負担が少なくて、ありがたいです。

黒木階段の段数に関しては、西武住販で建売を作る際に参考にさせていただきました。このようなこだわりは建売のほうにもどんどん反映させていきたいと思っています。

Mさんご夫婦のマイホームのこだわり、愛犬シュタークくんもしっかり聞いています。
担当の黒木さんと和気あいあいと雑談するMさんご夫婦。

ー 西武住販で家を作っていかがでしたか。

M様よかったです。2年もの間、物件探しに土地探し、また家の設計まで担当の黒木さんがとことん付き合ってくれました 。常に自分たちで考えながら家づくりができ、重要なところはしっかりと黒木さんがアドバイスをくださり、安心して作ることができました。今、納得のできる理想の家に家族と住むことができて、とてもうれしいです。

マイホーム完成後も付き合いがある黒木さんと和気あいあいとした雰囲気だった訪問。ご夫婦と担当の信頼関係がこのこだわりの詰まったマイホームの完成へと導いたように感じられます。
広い庭を駆け回る愛犬も、満足そうな表情。こだわり続けたからこそ出会えたマイホームにご家族の幸せが詰まっていました。

聞き手 松本学
不動産系フリーランスライター。幼少の頃から不動産の折込チラシで住みたい家を妄想。目標は自分だけのシアタールームがあるマイホーム。「不動産は怖くない!」をモットーに、不動産・建築に関する情報をわかりやすく発信。